サンタのBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬用手袋
ビスタ~りさんからの質問に答えるついでに記事にしちゃおう!!
20060128000413.jpg

[冬用手袋]の続きを読む
スポンサーサイト
テレマークブーツ
昨年から使っているスカルパT1&インソール
20060125235204.jpg

ゲレンデスキーで硬めの靴を履いていたせいか T2やT3ではイマイチ
物足りない感じがして オーバースペックは承知で買いました
[テレマークブーツ]の続きを読む
RSS追加設定完了!!
でMIXXさん
これどやって使うんじゃろかぁ
また勉強しなくっちゃ
輸入麦酒の専門店
急遽召集が掛かり 町田にある
地ビール厨房copa町田ってトコに行ってきました
(HP身に行ったらリンク切れしてたど…)
世界中?のビールが各種呑める隠れ家的な小さなお店です
料理はおいちいけど量は少なめなので
大食漢?の人は松屋で牛丼食べてから行きましょう(笑
パスタ ピッザ サラダ ほかもろもろご馳走様でした~
Auroraさん いのせさん たけさん
声かけてくれてありがとね~
ありがとう
1月1日にはじめたBLOGです
いつのまにやら777を越えてました
通りすがりさんでしょうか
あなたに良い事ありますように♪

リンクしてくれてる方々
ありがとうございます

そろそろ山の話を書かないとね(笑
君はもう食べたか!!
20060118205105
んまっ!
山にはキナコよりも
こっちの方が合うかも・・・
また大人買いか?
やっぱり書こう
11年前1月17日 まだ暗い明け方にソレは起こった
阪神淡路大震災だ…
最近じゃ震度4震度5と聞いても さほど驚かない自分が恐い
笑い話かもしれんけど
群発地震が続いた時はクライミング道具一式を
ベッドの横に並べておいた
60Mのロープがきちんと地上に届くかも実験していた
でも 本当に出来るかは判らない

だけどそれを確かめた事のある人と
そうでない人はソノ時になった時に違うはずだと信じている
ただそれを確かめる日がこない事を祈るばかりだ。
ザックは
夢や希望がたくさん入る
なるべく大きいのを
買うのがいいらしいです
昨日お店の人が言ってました
メモメモφ(.. )コレハツカエルナァ
って仕事ちゃんとしろ俺!
でもうちにもNo残業day!プリーズ
今日はリンクを変更
いつも遊びにお邪魔してるHPやブログを
載せました
勝手リンクですいません
1月8日の八ヶ岳…
呑み仲間?(山仲間じゃないのか・笑)のロビンさんや
たけさん Auroraさんも居た八ヶ岳の某所でこんな事件がありました
助かる命 助からない命 その境目はどこなんだろうか…
最低限 装備は万全に用意しておくべきだし
自分の力量も知っておくべきでしょう
ヘナチョコサンタでした。
(勉強の為 いつかお願いしたいガイドさんのHPより)
http://www009.upp.so-net.ne.jp/mikiyatsu/page036.html
06.01.05-06 渋の湯~高見石小屋~ピラタス 2日目
あぁ起きたくないなぁ…でもトイレ行きたいなぁ…
小屋番さんが朝食の支度を始めたようだ
(時間はAM6:00)
昨日はコタツに布団の足元をくっつけて寝たので
朝まで快適に眠れた 羽根布団だしね
覚悟を決めトイレに行き(笑) ついでに着替えて朝食!!
薪ストーブで温めたロールパンにスクランブルエッグやソーセージ
しゃきしゃき野菜も付け合せ 
温かい紅茶に砂糖たっぷりで本日の元気の素 充電完了
今日のコースタイムはこんな感じ
6:00起床→6:30朝食→7:30出発→丸山8:05→
白駒池との分岐8:55→麦草ヒュッテ9:10小休止→狭霧苑9:35→
出会いの辻9:45→あずまや10:20→茶臼分岐11:00→
展望台11:15→ピラタス山頂駅11:45

小屋を出て丸山へ向かう 以外に急な登りだった
20060112001932.jpg

山頂の神社で今年の安全をお祈りして麦草に向けて下りる
コチラも以外に急…ココを登るならアイゼン使うだろうなぁ
樹林帯のつづらおりをプチグリセードで降りていく
たまにえっちゃんの悲鳴?がこだまする(笑
樹林帯を抜けると少ししてヒュッテだ
20060112001950.jpg

麦草ヒュッテの玄関先で少し休ませてもらい テルモスのお湯を呑む
えっちゃんの髪の毛が白く凍ってた 気温は-13℃位だろうか
風はたまにそよそよと吹く位だがもう縞枯れに登る気分では無い
五辻に向け出発じゃ
20060112003156.jpg

この国道 風通しが非常によい…案外寒いかも
スキーの跡があった 下からヒュッテまで遊びに行くのも面白そうだ
狭霧苑からピラタスまでは緩い登りが続く
ココで問題が!!
どうやらココは木道のようだ 木道の上に雪がたんまり積もり
たま~に踏み外すと かな~り下まで潜ってしまう
こんな所で怪我をしてもつまらない 気をつけて行こう
展望台が出てきたら山頂駅までは30分だ
しか~し ここからの30分も以外にルートを見失う人が多いようだ
(過去私の知り合いも迷子になっている…)
赤テープも急に少なくなるので気をつけよう
駅舎が見えてきても油断は大敵だ ココでガスに巻かれるのは嫌だな

っとまぁ今回は何事も無く歩く事が出来た
下りのノロープーウェイからはカモシカが見えた
バスまでの時間もあったので 着替えたり荷物整理したりしてから
茅野駅へ向かう
今回は残念ながら菊仙が正月休で営業していなかった
カキフライ定食はおあずけだ
DomDomで時間を潰し 中央線の各駅で帰宅した


丁度寒波が入る直前でそれほど寒くは無かったが
いつも寒いエリアです
防寒装備に抜かりのなきようお願いいたします
06.01.05-06 渋の湯~高見石小屋~ピラタス
2006年の初山登り&行き歩き初め だ
タイムテーブルはこんな感じ
6:00自宅出発→電車で茅野駅へ9:29
(バス待ち&遅い朝飯早い昼飯をDomDomバーガーで時間を潰す)
10:20諏訪バスにて渋の湯へ11:20
渋の湯11:30-賽の河原入り口13:00-お地蔵様13:10-
左に大きく曲がるポイント13:30-中山からの分岐14:07-高見石小屋14:15

茅野駅から登山口は概ね晴れていたのだが 渋の湯に着いたら曇っている…
寒い寒いと言いながらスパッツを着けたりして支度を済まし
橋の入口で登山届をだして歩き出す
20060110002659.jpg

賽の河原は時折トレースが判りづらくなる
荒れてる時には歩きたくないところだ
(風は渋の湯側から吹き上げるらしい)
左に大きく曲がって樹林帯に入る頃 日が差し始めた
20060110002736.jpg

風がほとんど無いので 日が当たると温かく感じる
素晴らしきかな お日様Power
高見石小屋には思っていたよりも早く着いた(それでも2h45m掛かってる)
小屋番さんは今年の夏にお世話になった方だった
Sさんは午前中まで居たらしい 入れ違いにやまの子へ向かわれたそうな
歓迎のスーパードライを飲み干してから 高見石に登ってみるが展望はナシ残念チャン
こたつで仮眠などしながら夕食までまったり過ごす
高見石にはゆっくりとした時間が流れているようだ

夕食後小屋番さんとお酒を飲んでると
即席星案内をしてくれる事になった
月が明るかったけど冬の大六角形なんて教えてもらったり
「シリウスを目指して飛べ」のシリウスはあの星ですよ..
なんて教えてもらったりした  
見た目おとなしそうな人だけど今夜は輝いてる
また教えて下さいね
こんなに星が綺麗に見えると 明日朝も寒そうだ
北八記録進まず…
山は今夜も寒そうだ
さっき帰ってきた?ロビンさんは
最高-17  -18℃(訂正しました)最低-20℃って言ってたなぁ
たけさん達は平気かな?
荒れてますね…
かなり強い寒気が下りてきているそうな

山仲間(呑み仲間か?)は今日または
明日から入山予定らしい
雪崩にも十分注意して欲しいです
北八も標高の高い所は場所によってはグラニュー糖みたいな
サラサラの雪でしたよ
あんなに柔らかかったら 
スノーシューも効かないかも

みんな~気をつけてね~
速報 北八ヶ岳 高見石 登山道情況
昨日今日で えっちゃんと
渋の湯~高見石小屋泊~五辻周り~ピラタス を歩いてきました

電車バス利用の山旅です

*道路事情
渋の湯 ピラタス ともにアクセスの車道には 
雪がありところによりシャーベット状態
スタッドレスでなければ行きたくないですし 
危ないでしょうね

渋の湯側に入るときは 
最後の最後に少し細く曲がりくねった道を
上がらなければ行けないので気をつけて
タイミングよっては 下山の人の車や路線バスあるかも

ピラタスは駐車場無料です
ファミリースキーヤー多し

メルヘン広場 はゲートまで除雪する と小屋番さんが言ってました
停める場所は私は知りませんが 除雪車の邪魔にならないように
した方がイイでしょうね
ココから上がるときは ある意味一番ルートとしては間違い難いですが
風があると まともに吹き抜けますのでそのつもりで…

*登山道情況
昨日今日の時点ではトレースはありますし はっきり判りました
ただ 今日昼頃から降雪のようなので 場合に寄っては判りづらいかも
サンタ達はワカン/アイゼン/ピッケルはもって行きましたが
一度も出さずに歩けました
雪は トレースを外すと膝~股くらいです

ピラタスから入る場合はロープーウェイから登山道の入口
蛍光色の糸を張ってある所から 本格的な登山道までが
赤旗もなく以外に判りづらいかもしれません
スノーシューのトレースもあるので惑わされないよう注意です

五辻までの間 夏道が木道になっているようですね
人独り分の幅を踏み外すと 所により股までボッコシ潜ります
笑ってすむならいいのですが 木道にスネをぶつけたり捻挫などすると厄介です

樹林帯に入ってしまえば トレースを外す事はないでしょう

あずまや を過ぎて 「出会いの辻」から大石峠への
ショートカットはトレースもありますが サンタ達は歩いていません
一応ワカン/スノーシューがあれば入っても大丈夫でしょう
オトギリ平から国道へは(国道から見た限りでは)スノーシューの跡
だけでしたから 一旦入ったら国道には逃げずに大石峠まで抜けるか
無理ポと思ったら出会いの辻まで戻って国道を歩きましょう

国道に出ると 地図上(国道脇の看板にも)道に沿って登山道が
書いてありますが 見える範囲でトレースはありませんでした
時間に余裕があって 体力余りあれば ぜひ歩いて見て下さい

麦草ヒュッテから丸山は以外に急登で雪も締まってます
急なので所によりグリセードの跡もあり ステップがありません
サンタ的には登りならアイゼンを使ったと思います
え?サンタが消したって??  そんなテクは持ってませんって
樹林の中なので風があってもそんなに辛い事はないでしょう
ただし 雪の塊が木々に団子状についているので 落ちてくるかも…

丸山から小屋までも 結構急な下りです

ちなみに渋の湯からの場合 賽の河原(その名の通り岩ゴロゴロ)が
トレースを見失いがちになるので注意です
赤旗が古く色が焼けているので たけ竿しか判りません
ココでは余程雪が多くなければ
ワカンスノーシューはあっても脱いだ方がいいでしょう

コースは(渋の湯から入った場合)上のほうで
左に曲がって樹林帯に入ります
最悪ココを見逃すとちょっと厄介ですのでご注意を

ちょっとお出掛け
20060105105703
久々に日を浴びたなぁ
もーすぐ入山
明日降りまース〓
モブログ
20060105004809
test
まだまだ工事は続く…
む~SEさんはこんな画面をずーーっと
見ながら仕事をしてるのかぁ
帰宅してからずっとPCと睨めっこです
でもたぶんHTML(言語?)って法則があるんだろうな
って事が判ってきました あったりまえか…

そんなこんなで ある日突然無くなってたら笑ってやって下さい
ごあいさつ
  あけました!!
  2006年
おめでとうございます

今年はどんな年にしたいですか
サンタは今までと何か違う事をやろうと決意
(って程大袈裟じゃないけど…)
大晦日の突貫工事を決行!!
BLOG開設にこぎつけました
ボチボチ作り上げていきますので
よろしくお付き合い下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。